COMMITMENT

調香のこだわり

shutterstock_290774885.jpg

Commitment1

​太古からの記憶が宿る、天然香料

作りモノにだまされて失われていく世界

Épa」は、すべて天然香料のみを使用しています。

 

この仕事に就いて知りましたが、世の中に出回るコロンや香水は、その大半が化学香料です。

人の鼻は、化学香料にカンタンにだまされてしまいます。

だいたい3~10種類の香り成分の組み合わせで、オレンジの香り、ラベンダーの香り、ムスクの香り……、なんでも安価に作れてしまうのです。

 

例えばローズの香りの市販のシャンプーでも、本物の薔薇の成分が1滴も入っていないものがほとんど。

けれど、本物の天然香料を比べると、差は歴然。情報に深みがないのです。

例えるなら、厚い聖書を、あらすじだけ箇条書きでまとめたくらい、薄っぺらい。

実物に触れたときに感じる太古の記憶も、登場人物の体温も、イエスの喜びも悲しみも感じない、余韻のない無味乾燥な情報。

 

このような作りモノの香りばかり嗅いでいると、嗅覚は鈍ってしまいます。

そうして繊細な世界を、忘れていってしまうのです。

 

私は調香師ですが、実は数年前まで、コロンや香水をほとんど使ったことがありませんでした。

 

人工的な香りが、苦手だったからです。

天然香料の、香りなき香りを聞く

天然香料は、主に木の実や花、幹、葉などの植物から抽出されます。

一つの香料に含まれる香り成分は、数千~数万種類にまで及ぶそう。

 

まさに、大地のエネルギーの結晶です。

 

人が認知できないほど繊細微妙な成分も含まれますが、

それぐらい微妙な成分も含めて〝天然の香り〟なのです。

 

天然の豊かな香りは、感情を整えてくれるだけでなく、判断力や直観力をも高めてくれる働きがあります。

IMG_9488_edited.jpg

Commitment2

エネルギーを高めた調香ルーム

天然の香りは、繊細微妙です。

どこで作るかによって、さらにいうと、どこに置くか、それだけで香りは変わってしまうのです。

 

まるで生き物に触れるように、香水を作る環境にもこだわり尽くしています。

エネルギーの高い最高の香水がうまれるように、室内にはさまざまな工夫を施しました。

調香ルームのシンボル「オルガンデスク」

天然香料が美しく並んだ、オルガンデスク。

ここから美しい〝香りのハーモニー〟が生まれるようにと、思いが込められています。

エネルギーの高い

「100種類以上の天然香料」

精油のもとになる植物は、誰でも育てられるようなものもあれば、極めて希少なものもあり、海外からしか取り寄せできない希少種も多数あります。秘境と呼ばれるような島々や、紛争地域でしか育たないものも。つまり、貴重な精油を調達するには、大変な苦労を伴うのです。

 

 ですから、大手スーパーには、良い野菜などを見抜き、信頼のできる生産者を見抜く「目利きバイヤー」がいらっしゃるように、各精油メーカーにも〝鼻利き〟のバイヤーがおられます。

 

そのような熾烈な競争がありますので、通常でしたら、高品質の精油を手に入れることは、困難を極めるのです。

しかし、当店では、国内外を飛びまわり、20年以上前から精油を自社生産されている方とのご縁をいただき、その方が「Épa」の理念に共感してくださったことから、特別に精油を仕入れさせていただいております。

 

その方が、実際に現地に足を運び、厳格な目と鼻を頼りに買い付けされたハーブや樹木、果実から、日本で抽出された天然100%の精油は、きわめて純粋かつエネルギッシュで、市場に出回る高級な精油と比較しても、別格の香りといっていいでしょう。

 

さらに、その高いエネルギーを維持するため、精油の生命力を活性化する「生体エネルギー加工」を施した特殊な棚の上に保管しています。

 

こうして「Épa」の、世界でここにしかない香りが、誕生します。

美しい音を聞かせると「香水」が進化する

お腹の中の赤ちゃんに音楽を聴かせて育む「胎教」があるように。

天然精油を〝いのち〟として見立て、美しい音を聴かせています。

 

使用しているのは、かつてない自然音を再現する「SIRIUS(シリウス)」という特別なアンプとスピーカー。

音とは、振動です。この世界のすべての物質は、目に見えないミクロのレベルで、常に微細に振動していますから、音を聞かせることで、精油の特性も変化します。

美しい音色が、香りに奥行きを与え、つける人の命を輝かせてくれる精油へと進化させるのです。